顎関節症

こんなお悩みありませんか?

  • 口が開きにくく違和感がある
  • 口が大きくひらかない
  • 鏡を見ると下顎(したあご)が左右非対称になっている
  • あごの関節の音がする
  • あごが痛い

そういった場合は、顎の関節の周りが何らかの要因で機能の低下を引き起こしており、顎関節症(がくかんせつしょう)と呼ばれる傷病名であることがあります。
多くの場合は肩こり・首凝りを併発しており、ひどくなると顎の痛みはもちろん、頭痛や吐き気、食事や会話が難しいなど日常生活に支障をきたしてしまいます。
日本人の50%が一生の間に一度は顎の痛みを経験する統計があり、年々若年化しているのが現状です。
女性は靭帯がやわらかく伸びやすいため、ちょっとした負担で関節がずれて症状が起きやすいと言われています。
大きく口を開けた際や固いものを噛んだ時に発症する場合が多く、欠伸(あくび)をした時に外れることもあります。口を開けると顎が痛かったり、「ポキッ」や「ガクッ」と音がなったりする場合には、「顎関節症」の可能性があります。

 

顎関節症になる原因

顎関節症に罹患する方は近年急速に増加しており、その理由として考えられるのは食生活の変化です。
近年は固い食べ物が少なくなり、柔らかい物が多くなったことで、物を強く噛んだり、噛む回数が少なくなったりした為、顎が弱くなっている事が関係していると言われています。
顎関節症の原因はそれだけでなく、精神的ストレスや疲労を蓄積させる生活習慣、かみ合わせの異常などが挙げられます。

直接的には歯ぎしりや食いしばりによる原因も多くあります。
機能面での顎関節症の原因を大別してみると、

 

1.下顎骨(顎の骨)の異常

①関節の位置がずれる
②関節(および関節内の軟骨)の変形
③咀嚼筋(噛む為に使う筋肉)のバランスの悪さ(特に左右)

2.歯の噛み合せが悪い

3.骨盤や背骨など、姿勢や身体全体のゆがみ

などが挙げられます。

 

また、顎関節症は自律神経失調症やうつ病、心身症とも関連が深いと言われています。 顎の状態が気になると、精神的にもストレスになります。通常の顎関節症は、複数の原因が関係しており、対処が難しいとされているので、 歯科や口腔外科に行っても治らない方は、ぜひご来院ください。

 

当院での治療について

当院では身体全ての関節に対して正しい位置に戻る為の矯正治療を行っており、顎関節も例外ではありません。

体の歪みも症状の改善に大きく関係しますので、顎関節を含めた上半身の矯正治療を行う事が多いです。(顎の歪みだけを治しても、首を含めた上半身の歪みがある場合は効果が非常に弱くなる為)

 

1. 痛みの機能的原因となっている顎を含めた上半身(場合によっては全身)の矯正治療

2. 痛みの直接的要因である筋肉・靭帯(じんたい)等の損傷を回復させる為の治療(除痛電気治療・マッサージ等の手技療法)

患者様お一人お一人の症状に合わせて、状態をご説明させて頂いた上で、上記①②を組み合わせて顎関節症の治療を行って参ります。

いきなり受診する事に不安のある方は、まずはメール又は電話にてお問い合わせください。

  

整骨院 ホームページ制作

Scroll Up